【活動報告】介護を科学する?
飯室 達也
2017/06/26

--介護を科学する 聞きなれない言葉だと思う。 我々は今まで様々な現場に関わらせていただいた。その中で、一番接することが多かったのはいわゆる介護職と呼ばれる方であった。数が多い分、色んな方に出会った。ベテラン、新人、異業種からの転職。様々な方を見てきた。 今までの経験、感覚、やり方を活かすのは大いに大事なことだと感じる。 むしろそこが”個”を表現する唯一の手段で...

--介護を科学する


聞きなれない言葉だと思う。
我々は今まで様々な現場に関わらせていただいた。その中で、一番接することが多かったのはいわゆる介護職と呼ばれる方であった。数が多い分、色んな方に出会った。ベテラン、新人、異業種からの転職。様々な方を見てきた。
今までの経験、感覚、やり方を活かすのは大いに大事なことだと感じる。
むしろそこが”個”を表現する唯一の手段である。
しかし時に介護の現場では”個”が突出してしまっている場面をいくつもみてきた。
ベテランの介護士は適切なケアを行っている。しかし、新人はベテランと同じようなケアはできていない。








介助される側に立ってみる。誰しもがベテランの介助を受けたいのではないか?
病院に受診する際。リハビリを受ける際。巷にあるマッサージを受ける際。新人よりもベテランの施術を受けたいと感じているであろう。
我々健常者は”選択”が可能だ。

しかし、施設の入居している方はどうだろうか。その選択は果たして可能なのだろうか?と入居者の視点を考えてみた。
その時、介護・介助の仕方にばらつきが生じているのは入居者にとって何ら”関係のないものであると考えた。



 

我々は施設における介助方法のバラつきに着目した。

これはばらつきを平均化することが目的ではない。ベテランまたは新人のレベルに合わせることが目的ではない。
「適した介助方法」に施設として統一化することが目的である。
こうすることで、入居者をはじめ家族、施設職員への安心を提供できるのではないかと考えた。
ここでのセラピストの行う業務は介助方法の指導に焦点を当てての活動を行う。
介助方法はセラピストと介護職での若干異なるが、”身体に負担のすくない介助方法や見る視点”はセラピストの得意とする部分である。
この部分を分析の結果に応じて個別でのOJTまたは全体での研修という形でアドバイスを行うというものだ。

 

我々の考えたフェーズはこうだ

Phase1:スタッフごと、入居者一人一人の介助方法を知る
Phase2:平均値、標準偏差での分析
Phase3:セラピストの介入によりスタッフ個別での対応または施設としての統一化を図る
 
 


この一連の流れを通して“介護を科学する”ことを目的に取り組みを行っている。






施設側のメリットとしては前述した通り「適した介助方法」に施設として統一化することが可能となる。また、職員ごとのスキルもわかるようになる。
セラピスト側のメリットは、一般的な研修ではなく分析に基づいてOJTとしてアドバイスを送る。
全体研修としてアドバイスを送るという二点にある。一般的な外部講師や外部からの指導者ではない。
分析結果から現場を理解している外部セラピストの介入である。
そのため、今施設側が問題となっている部分、これから問題になりうる部分に対していち早く対応が可能となる。
セラピストにとっても前段階の情報を得られ、効率的となる。
 

実際に活動いただいているセラピストは以下の方々である。

・フリーランスで活躍している方
・企業で働き、休日を活かして活動している方
・回復期病院に勤務している方                    

 


今回の活動は、職員への介助方法を分析し、セラピストが専門的な視点でアドバイスを行うといった実にシンプルなものである。
しかし、こういった分析を行っている施設は少ないように我々は感じている。
今後は分析からのアドバイスを行うのはもちろんであるが、継続的に可能であるかどうかを検証する必要がある。
 

職員の”意識”を変えていくことが我々の次の段階であると考えている。



なるほど。たしかに経験年数等により技術の差にばらつきはあると私も感じております。特養にて週に数時間ほど勤務しておりますが、介護職員の方のハンドリング一つみても実に様々です。

このような活動は非常に良いですね。
私もとても興味があります!
( 2017/09/19 )
0

 
関連記事一覧
【アンケート結果】就職・転職、アルバイト紹介について
【アンケート結果】就職・転職、アルバイト紹介について
「ヒヤリハット報告ソリューション」 その2 ~ヒヤリ・ハット対策に専門職の知見を~
「ヒヤリハット報告ソリューション」 その2 ~ヒヤリ・ハット対策に専門職の知見を~
ケアレンツ取り組み報告「ヒヤリハット報告ソリューション」
ケアレンツ取り組み報告「ヒヤリハット報告ソリューション」
SeArchと〇l〇lと地域協創 ~ショッピングツアーの事例を通して~
SeArchと〇l〇lと地域協創 ~ショッピングツアーの事例を通して~
運動を軸としたコミュニティ形成で 社会課題解消への可能性
運動を軸としたコミュニティ形成で 社会課題解消への可能性
認知症のチャレンジング行動にデザインで挑む
認知症のチャレンジング行動にデザインで挑む
【緊急募集!※好条件※短期間、静岡で働いてみませんか?】
【緊急募集!※好条件※短期間、静岡で働いてみませんか?】
【活動報告】転倒リスク管理プロジェクト
【活動報告】転倒リスク管理プロジェクト
【予告】施設における転倒リスク無料診断サービス
【予告】施設における転倒リスク無料診断サービス
『2/10!今年もやります!』オヤミル新年会!
『2/10!今年もやります!』オヤミル新年会!
【募集終了しました】サ高住でのIADLリハビリ監修!
【募集終了しました】サ高住でのIADLリハビリ監修!
【募集中案件】新たな試み!今までにない複合型デイサービスでの責任者募集!
【募集中案件】新たな試み!今までにない複合型デイサービスでの責任者募集!
【活動報告】介護職員ごとのケアのバラ付き分析 その2(現場の介護職員へのアプローチ)
【活動報告】介護職員ごとのケアのバラ付き分析 その2(現場の介護職員へのアプローチ)
通所サービスで「歩き」を見える化するツールのお披露目
通所サービスで「歩き」を見える化するツールのお披露目
【セミナー開催】働き方に関するセミナー
【セミナー開催】働き方に関するセミナー
【アンケート結果】キャリアに関する調査
【アンケート結果】キャリアに関する調査
【アンケート結果】ロボット・テクノロジーへの興味関心は?
【アンケート結果】ロボット・テクノロジーへの興味関心は?
【9月号】 リハビリ職はAIに打ち勝てるか
【9月号】 リハビリ職はAIに打ち勝てるか
【活動報告】介護職員ごとのケアのバラ付き分析
【活動報告】介護職員ごとのケアのバラ付き分析
【アンケート結果】保険外サービス、何をしてるの?
【アンケート結果】保険外サービス、何をしてるの?
【募集終了】海外で働くチャンス!中国大連でリハビリ指導者として活躍してみませんか?
【募集終了】海外で働くチャンス!中国大連でリハビリ指導者として活躍してみませんか?
【募集終了】高齢者施設向け介護予防動画の監修!
【募集終了】高齢者施設向け介護予防動画の監修!
EBMをつたえる
EBMをつたえる
【セミナー】Web参加も可能!海外で活躍するセラピストがみた世界の現状、日本との違い
【セミナー】Web参加も可能!海外で活躍するセラピストがみた世界の現状、日本との違い
【活動報告】転倒リスク管理に関する新規サービス①
【活動報告】転倒リスク管理に関する新規サービス①
オヤミルって、何やっているの?〜「当たり前」を「形」に。
オヤミルって、何やっているの?〜「当たり前」を「形」に。
【アンケート結果】副業実態の実態はいかに?
【アンケート結果】副業実態の実態はいかに?
【活動報告】インターネット越しで参加できるWeb セミナーの実施結果
【活動報告】インターネット越しで参加できるWeb セミナーの実施結果
【アンケート結果】自己投資アンケート、リハ職のお金と時間の使い方とは?
【アンケート結果】自己投資アンケート、リハ職のお金と時間の使い方とは?
【活動報告】介護を科学する?
【活動報告】介護を科学する?