Pocket

北村直也さん

職種:理学療法士

勤務種別:DSセルリア株式会社

 

まずは、貴社の事業内容について教えてください。

・トータルリハセンター(リハビリ特化型デイサービス):22拠点

・DS訪問看護ステーション:3拠点

・コレックス(理学療法士が実施するピラティス):1拠点

上記、事業を通じて、リハビリテーション(セラピスト)を中心とした地域包括ケアを目指しております。ご利用者様、従業員など関わるすべての人々の『自己実現』が経営理念です。

 

貴社は、デイサービス事業をされていますが、当事者・介護者様のご負担軽減や、生き甲斐支援など、サービスで工夫されている点を教えてください。

生き甲斐支援のため、サービスの提供者としてではなく、協力者として関わっています。

ご利用者様が自主的に行動・選択できることが生き甲斐につながると考えています。

 

貴社のデイサービスの特徴と、利用者様が活用されるシーンを教えてください。

身体機能(運動機能)へのリハビリに加えて、口腔のリハビリを提供しています。

センターで、歯磨きの仕方や口腔ケアについて学ぶことで、ご自宅でもそれを活かして、健康を維持することができます。

 

利用者様からの「声」があれば具体的に教えてください。

脳梗塞の後遺症でお顔の口角が下がってしまっていたご利用者様が、「口腔リハビリで笑顔がちゃんと作れるようになった」と、おっしゃっていました。

 

貴社のスタッフの皆様(理学療法士・作業療法士など)の特徴と、スタッフのやりがいのために工夫されていることがあれば教えてください。

弊社のセラピストはマネジメント(人・物・金)に注力している点が特徴です。それをサービスの質向上に結び付けています。

皆が、やりがいを持って働いてくれるよう、責任と権限を与えています。

 

北村さんは、もともと病院でご勤務されていたとお聞きしております。なぜ、介護領域、および貴社に入社されたかを教えてください。

介護領域では病院勤務の時のように理学療法士の資格を持っているというだけでは上手く仕事が回せないと感じました。

自分自身が成長するためには、マネジメント力が必要だと思い、様々な人々と上手く連携が取れるスキルを身に付けようと、弊社へ入社いたしました。

 

北村さん個人として、利用者様とどう向き合われているかを教えてください。

リハビリテーションを通じて、利用者様を「応援する」ことを心がけています。

応援とは、私自身も楽しみながら関わり、ご本人の力を引き出すことだと思っています。

 

今後の貴社の方向性とサービス、および北村さんの理学療法士としての夢を教えてください。

セラピストが地域高齢者を支える相談窓口となれるシステムや組織をつくることを目指しています(病院や介護施設、地域活動、保険外サービスなど、すべてをつなぐ)。

活き活きした高齢者(要介護の方も)がたくさんいて、若者が「こんな風に歳をとりたいな」と思える社会になることが私の夢です。

 

最後に、介護者の皆様と理学療法士・作業療法士・言語聴覚士にメッセージをお願いいたします。

人とのつながりが大切にしましょう。つながりにより、助けられることもありますし、悩みや課題を解決できることも少なくありません。

 

 

DSセルリア株式会社
関東県を中心に20店舗以上のリハビリ特化型デイサービスを運営している。

全国でも珍しい身体リハビリと口腔リハビリができるデイサービスとして利用者さんからの評判も高く、

身体のケアとお口のケアの融合を図っている。

 

DSセルリア株式会社

千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンD棟 17階

http://www.total-riha.jp/company/

 

 

Pocket

コメントを残す