Pocket

大塚 雄作 先生

職種:理学療法士(リハビリの先生)

勤務種別:デイリハビリテーションセンター勤務

経験年数:13年目

 

理学療法士は、介護者の皆さんの課題を一緒に考え、解決策を提案することができる職種です。

 

介護者さんの多くは、「自分は何に困っているか分からない」という状況

 -大塚先生、こんにちは。早速ですが、今されているお仕事の内容を教えてください。-

現在は、デイリハビリテーションセンターのセンター長をしています。

具体的な仕事としては、利用者さんと1対1で実施する個別リハビリテーションと、

センター全体の管理をしています。

我々理学療法士は、利用者さんの身体状況や身体に及ぼす危険性を把握できるので、利用者さんにとって適切な家とセンター間の送迎方法を評価したり、利用者さんのお宅にお伺いし、居宅の状況と身体の状況、そして介護者さん(ご家族)の状況を分析して、リハビリテーションを実施しています。

 

-介護者さん(ご家族)の状況とは具体的にはどんなものでしょうか。-

介護者さんの「悩み」のことです。

ただ、ほとんどの介護者さんが、「具体的に何をすれば良いのか」というのはもちろんのこと、「自分は何に困っているのか?」も分かっていない状況が多いです。ただ、介護は誰でも初めての経験なので、むしろ当然のことです。

ですので、我々理学療法士は、まずは利用者さんやご家族が困っていることを一緒に考えていきます。我々は身体の状況と居宅の状況を理解・分析できるので、困っていることを聞き出したり、それを解決できるスキルを持った人は、多いですね。

 

-介護者さんの困っていることって、どんな事が多いですか。-

「何に困っているか分からない」という次に多いのは、具体的な動作で言うと、「移乗」「起き上がり」「排泄」ですね。

ですので、何に困っているか分からない介護者さんの場合は、「移乗」「起き上がり」「排泄」を切り口にして、一緒に考えていくことが多いです。

介助方法を丁寧に説明すれば、介護者さんに理解して頂けることが多いです。その介助の方法やポイント・コツを介護者さんに伝授できるのも理学療法士だけだと思います。

 

-最近、マッサージも増えていますが、マッサージとリハビリの違いは何でしょうか。-

ひとつは、利用者さんの「動作」をきちんと見るところですね。

理学療法士の専門性は、利用者さんの身体の潜在能力を引き出し、その能力を積み重ねていくことにあります。たとえば筋肉の付け方や、動作方法を適切な形で教えることができます。痛みをとっても次の日には痛くなってしまっては、意味がないですから、そうならないように理学療法士は身体の状況を評価するのです。

 

 理学療法士がいれば、逆にご自宅の手すりの本数は減ります。

 -利用者さんのお宅にも訪問するとのことですが、リハビリ・介護をするうえで、住宅環境にはどんな問題が多いですか。-

色々あるのですが、特に排泄に関して、トイレまでの導線、ベッドから動くときの導線の確保に関して問題が多いと思います。実際、手すりを付ける部分を提案することも多いです。

 

-では、その手すりに関して、理学療法士が介入する場合と、介入しない場合はどう違いますか。-

まず、手すりの本数が減りますね。

つまり、本当に必要で適切な場所への手すりの設置を提案できるということです。

住宅改修が既に済んでいる場合だと、稀に必要ではない箇所に手すりを付けられていることもあります。事前に理学療法士に聞いて頂けると、さらに良いご提案はできると思います。

 

今後ますますリハビリに関する情報提供は重要になる

 -病院や介護施設以外で患者さんのために理学療法士ができることはありますか-

自治体等が実施しているシルバー大学で情報提供ができます。

なぜ、情報が大事かというと、リハビリは必ず通る道なので、先にどんなものか知っておく必要があります。よく患者さんや利用者さんに「こんな仕事があるんだね」と言われます(笑)

例えば、脳卒中で重要な情報は「予防」だけではありません。ほとんどの場合、後遺症が残ります。ですので、そういった事実を伝えたうえで、患者さんと理学療法士が力を合わせて何ができるかを考えていくことが重要だと思います。実際に、何とかできることもたくさんありますから。患者さんはよく、身体機能を向上させてもらえると言ってくださいますが、機能の向上だけでなく、介護を実施していく上では機能の維持も非常に重要です。機能の向上も機能の維持もできる職種であるということは、事前に理解してもらいたいと考えていますし、諦める必要もないということも伝えたいですね。

 あとは、実際に脳卒中になると、ご本人やご家族は焦ってしまいますので、事前に知識を入れておくことも重要かと思います。

 

他には、お宅に訪問した際に「自助具」の紹介と提案もできます。

在宅介護では「自助具」は必須ですが、自助具の使い方を、少しだけ間違えている人も多いです。自助具の提案だけでなく、正しい使い方を伝えることもできますね。

これは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士にしかできない仕事だと思います。

 

-大塚先生が印象に残っている患者さんやご家族の事例を教えてもらえますか。-

印象に残っているのは、栃木から東京まで通勤しているビジネスマンの方のケースです。

彼は、脳梗塞になりましたが、懸命にリハビリテーションを頑張った結果、職場復帰を果たされました。その方の姿を見て、奥様がケアマネジャーになられ、息子さんが社会福祉士、娘さんが作業療法士(リハビリの先生)になられました。

もともと、ご本人は働き盛りの年齢だったので、職場復帰をしたいという目標を持っていました。ですので、色々工夫しながらリハビリテーションをしましたし、退院されてからも身体機能のアドバイスをしたりしていました。

また、ご家族の皆さんには、リハビリテーションの様子を見てもらっていました。

「リハビリって実際に何をしているのか分からない」というご家族が多いので、納得感のあるリハビリテーションを意識していました。

 

-その懸命なリハビリテーションの様子を見た結果、3人とも介護・リハビリの道へ進んでいったのですね。もし仮に、理学療法士がいなかったら、どうなっていましたか。-

おそらく車椅子にはなっていたと思います。

 

-理学療法士としてのやりがいを教えてください。-

最近では、私個人を評価して頂くよりも、我々の施設を評価して頂いた方が嬉しいですね。

施設の責任者になってから、介護士の皆さんとも一緒に働く機会が多いのですが、新人の方の成長を見るのも非常に楽しいですね。

最も、やりがいを感じるのは、利用者さんやご家族の方から、「ありがとう」と言ってもらえたときです。利用者さんやご家族の方をはじめ、ケアマネジャーの皆さんから、リハビリ以外の相談をされることもあり、地域の皆様が信頼してくださっていると感じます。

そういうときに、やりがいを感じます。

 

-最後に、在宅で介護しているご家族の皆様にメッセージをお願いします-

「何に困っているか分からない」時は、是非、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士にご相談ください。分からないことが何なのかを一緒に考えていきましょう。課題が明確になれば、理学療法士から課題解決に向けたアイデアがどんどん出てくると思います!

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。